皮膚科での治療はシミ改善のためのケアという認識を持ち、継続していくことが大切です。

シミの原因とレーザー治療

シミに悩んでいる女性

紫外線の影響や加齢による活性酸素の増加によってシミは発生します。

できてしまったシミを日常のスキンケアで消すことは、残念ながら効果もでにくいのが現状です。

 

できてしまったシミは、美容皮膚科での治療で解消すことができます。
治療方法はシミの種類によって異なります。ここでは、シミの種類別の特徴と主な治療方法をご紹介します。

 

どうしても気になるシミがある場合は、一度美容皮膚科の受診をしてみましょう。
医師がシミの種類を見極めてくれますので、効果的な治療を受けることができますよ。

 

ただ、皮膚科にかかってレーザーなどの治療を受ければ、簡単にすぐシミが消えてなくなるわけではありません
肌の状態に合わせて多面的なケアも行う必要があり、それは時には根気が必要です。

 

皮膚科での治療は、「シミを取る」という点の治療ととらえるのではなく、「シミを改善していくケアの一部」という線の治療だという認識をもち、
スキンケアの一環としてうまく取り入れ、継続していくことが大切です。

 

肝斑

女性ホルモンの影響と、接触などの外部刺激によってできるといわれているシミです。
早い方は20代の後半あたりからできはじめ、頬骨のあたりにぼんやりとしたシミができるのが特徴です。

 

主な治療法としては、トラネキサム酸というお薬を飲むことになります。
トラネキサム酸は化粧品や飲み薬としても市販されています。

 

老人性色素斑

紫外線を浴びることによってできる、境界線が比較的はっきりとしたシミです。
加齢で現れる一般的なシミがこちらになります。

 

主な治療は程度にもよりますが、レーザーが有効です。また、シミが薄い場合や、レーザーが嫌な場合は、
ビタミンCのイオン導入、トレチノイン・ハイドロキノン配合のクリームなどで、徐々に薄くするという治療も用いられます。

 

脂漏性角化症

顔、頭やどこにでもできる、イボの様なシミです。でき始めは1ミリ程度の小さなものですが、
放っておくと少しずつ大きくなり数も増えていきますので、早めの治療がおすすめです。

 

主な治療方法は、液体窒素による冷凍凝固や電気メスによる切除、炭酸ガスレーザーが有効となります。

 

炎症後色素沈着

ニキビや虫に刺された跡が茶色になって、消えないものを言います。
肌の炎症によりメラニンが異常に増えてしまうことが原因です。

 

主な治療方法はレーザーやフォトフェイシャル、メラニンを含む肌のターンオーバーを促進する、
ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入が有効です。