市販のピーリング剤で肌をゴシゴシこすってしまうと、肌荒れの原因になります。

危険な自己流スキンケア方法

肌をキレイにする方法はたくさんあります。肌に良かれと思ってやっているスキンケア方法が、
実は肌によくない危険な行為だったら悲しいですよね。そこで、自己流でやってはいけないスキンケアの方法をご紹介します。
思い当たる方はすぐやめましょう。キレイな肌は正しいお手入れで育まれます。

 

ゴシゴシこするピーリング

肌のターンオーバーが乱れると、様々な肌のトラブルが発生します。毛穴が詰まってニキビになったり、
肌もざらざらして手触りも悪くなり化粧ノリも悪くなります。不要な角質を取ることは美肌に効果的です。
自宅で簡単にできるピーリング製品も数多く発売されています。

 

しかし、その使い方には要注意です。角質を取りたいあまりに、ゴシゴシと肌をこすってしまうと逆に肌荒れを起こしてしまう原因になってしまいます。

 

角質の厚さはサランラップ1枚といわれています。その中の表層の1部が不要な角質です。
ゴシゴシこすって落とす必要はありません。
必要な角質まで取ってしまうと、肌が薄くなって異常に敏感になる、いわゆるビニール肌というものになってしまいます。

 

健康な肌にピーリングは必要ありません。ピーリングは、あくまでもトラブルが起きた際の応急処置ととらえ、
使いすぎないようにしましょう。 

 

長時間のパック

マスクをしたまま読書をする女性

コットンパックやシートマスクが流行しています。ドラックストアでも多くの商品が並んでいますよね。
プチプラなものだけでなく、デパートの化粧品売り場にある高級ブランドからもシートマスクが販売されていて、
その人気の高さがうかがえます。

 

毎日せっせとパックをしている方も多いと思いますが、パックをしたまま長時間過ごすことはよくありません。
ましてや寝てしまって翌朝を迎えるなんて言語道断です。

 

肌を潤わせるパックは、肌につけておけばつけておく程いいと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは違います。
パックの水分が蒸発する時に、お肌の水分も一緒に奪ってしまいます。

 

パックの使用方法にそって使うのが1番良いですが、一般的には3分~5分程度がよいでしょう。

 

ニキビができやすいから保湿はしない

テカリやニキビが気になる方は、乳液やクリームは使用しないという方もいらっしゃると思います。

 

テカリやニキビになってしまう事を気にして、基本的なスキンケアの3ステップを省くことはよくありません。

 

化粧水で水分を与えてあげた後は、乳液やクリームでしっかり蓋をすることが大切です。
化粧水では蓋をすることが十分できません。「洗顔潤す守る」という基本のスキンケアを守りましょう。

 

自分で出来る肌断食について詳しくはこちら